おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)ネタバレあらすじ感想5話

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用
おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)公式サイトはこちら

みなさん、こんにちわ。

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこです。

おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)ネタバレあらすじ感想5話

あれから…僕は夏休みが終わるまでの間ずっと、お姉さんと二人で祖父母の目を盗みひたすら行為を繰り返していた。

行為というものを覚えたばかりの僕は、お姉さんの体をまるで猿のように求め続けた。

そんな僕に対して、お姉さんは嫌がることなく優しく受け入れてくれたのだった。

こっそりと納屋の裏でお姉さんにひたすら咥えてもらう僕。

1日に何度でもお姉さんは僕が満足するまでその欲求を受け止め、僕はお姉さんの口に注ぎ続けた。

それでも夜まで我慢できなかった僕がお姉さんにおねだりすると、お姉さんはこっそり誰もいない水辺へと連れて行ってくれるのだった。

そこは本当に誰もいない場所。

二人の秘密基地のような場所で、四つん這いになる艶かしいお姉さんの姿を、僕は官能的だと感じながら見ていた。

外での行為は、誰にも気兼ねをすることなく音を立てることができたので、僕はわざと音を立てるようにお姉さんのお尻に腰を打ち付けた。

その場所いっぱいに広がる卑猥な肉と肉がぶつかる音。

お姉さんの声もその音の大きさに応えるように、徐々に甲高くなっていった。

正常位とは違う、どこか包み込むような後ろからの体勢に一層いやらしさが増幅していく。

そして僕はお姉さんのお尻の感触を味わいながら…?

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用
おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)公式サイトはこちら

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこの感想

お姉さんがイクシーンが最高にエロかった!

なんか現実的に考えて、あんなに小さい子でもできるのか?!

なんて疑問に思うところもあるけど、当時の自分を思い出しても、ある程度大きかったらできるんかもなんて考えちゃったりして…

とにかくあの背徳感はさらにエロさを増長する、マジでハマる漫画でした!

画像

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

漫画名 おねえさんとなつやすみ
作者名 リリックボックス
配信元 BookLiveコミック
何話まで 5話まで(2019/2/1 現在)
価格 1話86円

1話 「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」

2話 「気持ち良かった?このことは二人だけの秘密だよ」

3話 「もっと気持ちいいこと…してあげるね」

4話 「いいよ…お姉さんの中に全部出して…っ」

5話 戯れるようにセックスを繰り返した夏休み

画像

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

おねえさんとなつやすみ ネタバレ1話

おねえさんとなつやすみ ネタバレ2話

おねえさんとなつやすみ ネタバレ3話

おねえさんとなつやすみ ネタバレ4話

おねえさんとなつやすみ ネタバレ5話

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用
おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)公式サイトはこちら

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこでした。

ごきげんよう!さようなら!またね!!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.