軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレ感想


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこです。

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレ感想のあらすじ。

軍の中で性の乱れや病気の蔓延を防ぐために用意された特設部隊でもある射精管理部。

ここで大尉として働くダリアは、常に要請されればいつでも現地まで出向いて、各部隊の性処理を行っているのだった。

性処理にはいくつかルールもあり、大尉との行為中はオナホールを使用して挿入はできないようになっているのだった。

また行為の最中も監視や護衛、そして記録のために補佐官が1名配置されることになっていた。

相手にするのは上等兵から上官までほぼ全員。

決められたシフトに従って、性処理として活動しなくてはならなかった。

さらに相手によってもどんな性処理の仕方をするのか違いがあり、性処理が甘いと後々影響が出るためしっかりと行う責任も担っているのだった。

そんな中でも、常に相手は一人というわけではない。

食事会などがあればそのまま乱行ということになる場合もある。

その日も上官たちとの食事が始まり、そのまま乱行という流れになった。

食事中も大尉のワインに媚薬を入れたと話す上官。

規定違反ではないが補佐官としては大尉の体調管理もしなくてはならないので心配するが、大尉が大丈夫と言いそのまま乱行へと映る。

数人の男を相手にしながら、自制心を保ち職務を追考する大尉。

なんとか終わったと思ったら、立つこともままならない状態だった。

補佐官に抱きかかえられて部屋に戻った大尉。

シャワーをかけられながら正気を取り戻させようとするが、まだ媚薬の効果が切れていない…

大尉はたまらず「お願いがあるの…」というと、こっそり補佐官の耳元で「指でして…」と言い出す!!

このままだと…規定違反になってしまう!!でも?!

補佐官は仕方なく…


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこの感想

最高!めっちゃエロすぎてすっごく良かった!

ちょっと主人公のギャップが激しいのがいい感じなのかも。

補佐官もイケメンなので、相手にするにはいいのかな?

いつもこの作家さんはすごく好きなんだけど相手がほとんど見えない状態だったから、最後に相手が見えるって言うのもちょっと斬新で良かったです!

すごくエロすぎて…どのシーンも最高でした!

画像

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)のお話の好きなシーン

好きなシーンはシーツをかぶせて欲しいと言ってくる隊員を相手しているところ。

なんかすごくエロくって、あのシーンでかなりやられちゃいそうになりました!

漫画名 軍隊式射精管理
サークル ヨールキ・パールキ
作者名 ヨールキ・パールキ
配信元 FANZAコミック
何話まで 全話まで(2018/10/1 現在)
価格 全話972円

軍隊式射精管理の興奮したシーン

一番興奮したシーンは補佐官といきなりやり始めるところ!

ここはもう最高潮に興奮させられてしまいました!

なんか衝動的な恋愛っぽくて…一番好きです…

軍隊式射精管理の好きな登場人物

好きな登場人物は補佐官、最後に出てくる彼がイケメンすぎてなんか女でもないのに、くっつけばいいと思ってしまう感じが…

男なのに男が気に入ってしまう…不思議な漫画でした。

軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)ネタバレ感想


軍隊式射精管理(ヨールキ・パールキ)詳細はこちら

エロ漫画立ち読みの管理人のゆうこでした。

ごきげんよう さようなら バイバイ!!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.